So-net無料ブログ作成
検索選択

入試直前に風邪をひいてしまったら・・?

自習室で勉強する生徒さんにも、マスクをしている子が目立ってきました。

どちらかというと、「うつされないように」という防衛のためのマスクですが・・・。


さて、この時期になると、どうしても数年前の出来事が思い出されます・・・。


県立高校入試の2週間前くらいから、

宇都宮市のある中学校でインフルエンザがはやりました。


そして、私の塾の塾生も、その通学校に通っている子が感染してしまいました。



試験の1週間前にその生徒のお母様から電話がありました。


「インフルエンザにかかってしまい、熱を出してしまいました。

 今から無理をしてもプラスにはならないし、

 試験に差し支えるといけないので、入試まで塾を休ませます。」


私はそのとき、「そうですね。それがいいと思います。」と答えました。



結果は、・・・・・・・・・・・不合格・・・・・・・・・・。



内申、実力ともに、全く問題ない生徒でした。

栃木県の最上位校である宇都宮高校を受験したのですが、

1月時点の下野模試で余裕で【安全圏】だったので、私にも油断がありました。

中1の時からずーーーっとトップクラスを走り続けていたので、

本人も、親御さんも、当然私も、宇都宮高校は軽く余裕で合格すると

たかをくくっていました。


信じられない事態でした。

中学校3年間、ずーーーーっと、トップクラスで頑張っていたのが、

たった入試前1週間のインフルエンザごときで・・・・・・・・・・。




しかし、原因は【インフルエンザ】だけではないということに、

後になって気がついたのです。



私はお母さんの言った、

「今から無理をしてもプラスにならないし、試験に差し支えるといけない」

という言葉を「まったくそのとおり」と思ってしまいました。


あとから本人に聞いてみたら、

「本番で力が出せないといけないと思って大事をとって試験前の4日間は、

 ほとんど寝ていた。勉強は全くしなかった。」とのことでした。



かぜをこじらせたら大変ですから、この場合塾・学校を休むのは当然です。

しかし、私はひと言「勉強は完全に休まないようにしてください。」と 言うべきでした。


私はその後、このときの痛い経験をもとに

現在は受験直前のこの時期に、熱を出すほどのかぜをひいた生徒には、

このようにアドバイスしています。


「学校を休み、塾も休む。しかし頭は完全に休ませてはいけない。

 部屋を暖かくして、布団を敷いて机の上には勉強の用意をして、ゆっくり寝なさい。

 そして、少し楽になったら起きて勉強し、疲れたらまた寝る。

 こうして無理のないように、寝たり起きたりしていればいいよ。」


つまり、勉強以外のエネルギーは最小限におさえ、ゆっくりと過ごすのです。

こうすると、たまっていた肉体的、精神的疲労はしっかりとれて、頭の回転は持続するという、

最高の状態で、かぜのピンチを乗り切ることができます。


こうなると、ピンチというよりも、反対に勉強を加速するチャンスになるかもしれません。

だからといってずる休みはダメですよ。



かぜや体調不良は直接の敵ではない。

本当の敵は何かというと・・・


ポイントは、頭の回転を完全に止めてしまわないように、適度に刺激をしておくということです。

「かぜをひいたから、この際ゆっくり休む。完全に体調がもどるまで、勉強も休む。」

これをやってしまうと、頭の回転が止まってしまいます。


受験勉強は、脳に相当のエネルギーを必要とします。

今までずっとがんばってきたのに、脳を急に休ませてしまうと、

次に立ち上がるまでに、相当のエネルギーと時間が必要になってしまいます。

 
かぜ自体が怖いのではなく、対処法を間違えるのがとても怖いのです。

人間の頭と体は、とても強くできています。

かぜをひいてもたとえ熱があっても、頭はちゃんと働きます。

しかし、弱いのは心です。

かぜをひいてしまったことに動揺したり、必要以上に不安になったりして、

力を出せないということの方が実際には多いのです。

冷静に対処して合格を勝ち取りましょう。


最後にひと言。

ながながと書きましたが、一番いいのはかぜをひかないことですよ!

P.S.

中3生のために開倫塾が開発した

「基礎基本」を徹底的に復習する教材

「公立高校合格必勝パック」が、

7月より販売再開となりました。


是非、ご利用ください。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

大学生

真逆でしょう。
風邪の時は完全に休むべきです。
たかが一人の例をあげてインフルエンザのときに頭を動かせなどと指導するのは愚かしいです。運動と異なり、
“頭の回転が止まる”などという話は聞いたことがありません。医学的にも生物学的にもそのようなことはないです。

対策としては
風邪の予防を最大限するとともに、
高熱の状態でも余裕で受かるくらいの実力をつけておくことが大切です。

私の友人にもわざと徹夜で模試を受けるという練習を積んでおくことで、本番はインフルエンザと花粉症のダブルパンチにも関わらず東大に受かったという人がいます。

まあ入試を一発勝負にしている事自体不思議なのですが……

by 大学生 (2014-02-03 18:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。